血糖値を下げる方法をチェック|最適な改善法とは

豚の人形とメジャー

糖尿病対策の考え方

体重計

血液検査の見方

血液検査をすることによって血糖値を知ることができます。血糖値とはその血液を採取したときの血液中のブドウ糖の濃度であり、これが正常域よりも高い値になっていると高血糖であるという判断をすることになります。しかし、血糖値は日内変動も大きく、食事による影響も大きいことから、糖尿病かどうかを判断する基準として正確なものとは言いがたいという面があります。そういったときに役立つのがヘモグロビンA1Bの数値です。ヘモグロビンA1Bとは赤血球に含まれるヘモグロビンがどれだけブドウ糖と結合しているかという割合を表すものであり、数カ月間の血糖値の平均的な値を反映するものとなっています。これを指標にすると慢性的に血糖値が高いかどうかを判断できます。

食後高血糖への対策

ヘモグロビンA1Bの値が高くて血糖値は低い状態になっていることがよくあり、こういったときにも糖尿病と診断されることがあります。ヘモグロビンA1Bが高くて血糖値は低い状態とは、通常は絶食時に測っている血液検査のときには血糖値が低くても、日頃は血糖値が高い状態になってしまっているということです。特によくあるのが食後高血糖であり、食事によって通常の人よりも血糖値が上がりやすくなってしまっているときにこういった状況になります。このようなときには糖分の吸収を抑制するように食物繊維を摂取するだけでも十分な対策が取れることがよくあります。こういった形で血液検査の結果をよく分析すると、すぐに対策をとることができるというメリットがあるのです。